高血圧と塩分の関係!塩分の過剰摂取は血圧が上がる!

高血圧と塩分の関係

 

高血圧になってしまった、高血圧になってしまったかもと思ったら、すぐに病院を受診しますか。

 

病院が大好きな人なら良いかもしれませんが、病院が好きな人なんてほとんどいませんよね。

 

高血圧になってしまっても、出来るだけ、高血圧食事対策で高血圧を緩和できれば、費用の面でも助かりますよね。

 

では、高血圧食事対策とはどの様なものがあるのでしょうか。

 

一番分かりやすく直結して高血圧に関わってくるのは、はやり食塩の取り過ぎです。

 

理由は、塩分を過剰摂取すると、血液の浸透圧を保つために水分が増えます。

 

そうなると、体内を循環する血液量も増えますので、末梢血管の壁にかかる抵抗が高くなります。

 

その結果、塩分を取りすぎると、血圧が高くなるのです。

 

これが塩分を取りすぎると血圧が上がる理由です。

 

ですので、高血圧を改善するためには、塩分を控えるひようにしましょう。

 

食塩を減らすのは大変と思われるかもしれませんが、レモン等で食塩の変わり等を代用すると美味しく高血圧食事対策を行う事が出来ます。

 

高血圧食事対策で少しでも改善されていくのであればきちんと取り入れて行きたいですね。

 

高血圧を改善するための食事法としておすすめなのが、藤城式食事法です。

 

藤城式食事法は、藤城博さんが考案した高血圧を改善するための食事法です。

 

塩分を控えるのはもちろんですが、高血圧を改善するためには、様々な食事法があります。

 

高血圧を改善したい方は、ご確認ください。

 

藤城式高血圧改善食事法はこちら